スポンサーリンク

【BL漫画感想】べな(3)-こふで

BL漫画感想

【BL漫画感想】べな(3)-こふで

【作品データ】

CP:壱(表紙右)×べな(表紙左)

著者:こふで

発売日:2021/12/10

出版社:双葉社

レーベル:コミックマージナル

【あらすじ】

――さわって、見つめて、交わって。ただ、それだけで良かった。【孤独な鬼×後悔を抱える美青年】長屋の暮らしにもすっかり馴染んだ壱とべなだったが、行きがかりに出逢った医者・若水、その弟子・朝太郎に懇願され、浅草まで護衛を務めることに。しかし、朝太郎が壱に惚れたことに気付いたべなは心が不安定になり、再び鬼の姿と化してしまい…? 累計12万部突破(紙+電子)のお江戸人外ボーイズラブ、物語が麗々しくうねりだす待望の第3章! 描き下ろし&解説も収録!! 【※コミックス本編は特装版と同内容です】

https://www.cmoa.jp/title/186711/vol/3/

【ネタバレなし感想】

待望の3巻!!

1、2巻を読んで大大大好きだった作品なので、3巻が発売された時はめちゃくちゃ嬉しかったです!! 壱とべなのいちゃいちゃ、大立ち回りの大活躍にそれぞれの心境の変化、成長、色々な面が読めて最高な一冊でした。しかも4巻も出るとは……!! 幸せです。

じんわり幸せになれます

壱もべなも暗い過去を持っていますが、その二人にしか分かちあえないものがあるし、お互いにお互いしかいないニコイチな二人だなあと思います。ずっと幸せでいてほしいです。

イラストがずっと最高

江戸時代の雰囲気、きれいなイラスト、ふとしたコマから大ゴマまで、一冊まるまる美しいです。眼福です。

【ネタバレあり感想】※未読の方はご注意ください。

若水と朝太郎、きなくさいと思っていたのですがそこまで変な(?)人たちでは無かったですね……!(少なくとも3巻の時点では) しかし朝太郎がよもや横恋慕とは……。大好きなやつです。船の揺れにつまずいた壱を朝太郎が支えた時、色々察したべなの表情がめちゃくちゃかわいい!!(笑)笑っちゃいました。

それにしても、べなの内側にいる小さなべながずっと心に蓋をしていたんですよね。小さなべなが心の黒い部分で、それが暴走してしまうと角が生えてしまうと。でも、3巻でようやく小さなべなが解放されたと思うので本当に良かったです……!

壱がべなにベタ惚れなのは明らかなのに、べなは自分で自分を不安がらせてしまっていましたからね。「自分が鬼だから」という負い目というか、罪悪感というか、色々なものがないまぜになっていたように思うので、今回で少し成長して自分を信じられるようになってくれたのではないでしょうか。

べな、普段はかわいいのにきりっとした表情をすると「男!!」って感じで本当にかっこいい。なんだか3巻の最後の方は大人の表情にいなっていい男っぷりが良きだなあと思いました。

壱はずっと「壱」で一貫していて、ブレないのがかっこいいなあと思います。大人で、美人で、えっちで、強い心を持っているところもすべてが美しいです。

そして、若水はまだいまいち掴みきれていないので、4巻がすごく待ち遠しいです。「情人(イロ)」とはどっちが受け攻めなんだろうというのもすごく気になります……^^へへっ

朝太郎はひたすら可愛かったので4巻でも活躍も楽しみです。べなを怖がったのを、ちゃんと後悔して仲直りしたりして、一番人間らしいというか、普通の人だなあと。(いい意味でです!)

もうすぐ江戸に着くというところまで来たので3巻で終わりかなあ? と思ったら4巻発売の予告があったのでにっこりしました。すごく楽しみです!

【まとめ】

3巻も最高&最高&最高な一冊でした。4巻は2022年冬発売との事なので、楽しみにして元気に生きていこうと思います!!

<コミックシーモア>
べな : 3

以上、最後まで読んでくださってありがとうございました。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
もしよろしければバナーのクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


▼ご意見・ご感想はコチラ
プロフィール
この記事を書いた人
ちぐら

アラサーで夜明けの腐女子です。
別HNでpixiv等に投稿している字書きです。
お問い合わせはコチラ

ちぐらをフォローする
BL漫画感想
スポンサーリンク
ちぐらをフォローする
ちぐらや

コメント

タイトルとURLをコピーしました