スポンサーリンク

【BL漫画感想】ギンモクセイの仕立て屋(上・下)-マミタ

BL漫画感想

【BL漫画感想】ギンモクセイの仕立て屋(上・下)-マミタ

【作品データ】

CP:仲村灯生(下巻表紙)×高林生吹(上巻表紙)

作者:マミタ

発売日:2022/04/01

出版社:徳間書店(Chara)

レーベル:Chara

【あらすじ】

人生をゼロからやり直すために、君を信じてみてもいいのかな―― 祖父の遺した銀座の老舗テーラー「ギンモクセイ」を継いだ生吹(うぶき)。けれど祖父のいた頃とは違い、今では閑古鳥が鳴いている…!? 焦りばかりが募っていたある日、灯生(てお)と名乗るイケメンが店を訪ねてきた!! 久々の来客に舞い上がるけれど、いきなり上から目線で接客のダメ出しをされてしまう。「お前を一流店の店主に変えてやる、俺に賭けろ」銀座の超一流レストランの元メートルだという接客のプロ・灯生とともに、店の立て直しをはかることになって!? 傲岸不遜な元メートル×自分に自信のない仕立て屋の、スーツ×スーツのアダルトラブv

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/693056/A002977452/

【ネタバレなし感想】※未読の方はご注意ください。

ワクワクするストーリーでじんわり温かい楽しい作品

主人公生吹(うぶき)の老舗テーラー店を再生するという作品なのですが、たくさんの新しいアイデアと店がどんどん生まれ変わる様子が読んでいてワクワクしました。上・下巻とあるのでどっぷり話に浸かれましたし、心が温まる素晴らしい作品だなあと思いました。

作者さんのこだわりに溢れた作品

かっこいいスーツの男性がたくさん描かれていて最高でした。本当に最高でした。細部の細部まで作者のマミタさんのこだわりが溢れていました。読んでいる間ず~っとスーツの男性を浴びられて幸せです。(?)色々なスーツについての知識も散りばめられていてとても勉強になりました。

とにかくかわいい

かっこいいものだけではなく、看板猫ちゃんや隣のおじいちゃんなどなどかわいいものも盛りだくさんでした。生吹くんもかわいいし灯生もかわいい。とてもとてもよかったです。

攻め・受け共に30代の大人なBL

30歳×35歳という大人同士のBLで、しっとりとしたいい雰囲気のお話だなあと思いました。日頃の疲れが癒されました。

【ネタバレあり感想】

猫のギンさんかわいすぎます。ストーリーの合間に時々出てくるのをずっと心待ちにしていました。(笑)お姉さん口調なのもかわいい。

上・下巻と「早く続きが読みたい!!」ととってもワクワクしながら読んでいました。銀座の老舗のテーラー店の再生物語として純粋に楽しかったです。若年層向けへのシフトチェンジ・SNS戦略・サブスクなどなど、「なるほどー!!」の連続でした。勉強になります。

主人公の生吹くんは、素直で純粋なかわいい人だなあと思いました。そしてつくづく泥酔している時に拾われたのが灯生で良かったー!! と。(笑)悪い人につかまらなくて良かったです。ひたすら流されやすい子のように思うので心配になってしまいます。

灯生も一途でかわいいですよね。一見掴みどころが無いように思えて、仕事に関しては真摯だし「生吹サンを好きになっちゃったから」とか本当にその通りだったので(ホテルでの一夜でほぼ一目惚れだったってことですよね^^)「かわいい奴だなあ」と思いました。

あと灯生の笑顔は本当にかわいい。下巻の電子書籍書き下ろしにも描かれていましたが(紙の本には無いのでしょうか?)、上巻で初給料としてキスしてもらったあとの「うれしー」っていう笑顔とか、子供みたいでガチでかわいいと思いました。

そういえば生吹が灯生の事を作中「君」って呼んでいるのですがそれがなんだかすごく萌えました。(笑)生吹の真面目さが出ているなあと。灯生が生吹より年下だからよりそう思うのかもしれません。かわいい。

あと生吹の元カレとヴィンセントの料理長だけは許さん。(笑)元カレは調停中だったとは言え本当に生吹の事が好きなら奥さんの存在は言うべき。でも、下巻できちんとプライベートと仕事の事はきっちり区別を付けて対応していたり、生吹に振られてちゃんと引き下がったところは良かったので安心しました。ただ料理長だけは本当に許さん。

でも最後はハッピーエンドで、スーツを着た生吹と灯生が並んで幸せそうに笑っていたのでじんわりと温かい気持ちになりました。途中悲しい場面も出て来ましたが、読み終わったあとはさわやかな気持ちになりました。とてもとてもいいお話だと思います。日頃の疲れが癒されました。

そして生吹くんは本当にえっちだなと思います。褐色なところ、積極的なところ、ソックスガーター、全部えっちですね。普段の真面目な性格とのギャップがさらにえっちだなと思います。というか、ソックスガーターって今までそんなに存在を気にしたことがなかった(?)のですがなんだか付けている生吹くんを見たら「なるほど!! これはいいものだ!!」ってなりました。これからはソックスガーターの存在の良さをかみしめながら生きていこうと思います。

【まとめ】

あとがきで作者さんもおっしゃっていましたが、「スーツしか勝たん」という気持ちになりました。最高でした。ありがとうございます。マミタ先生の作品を今まで読んだ事が無かったのですが、これからたくさん読ませていただきたいと思います!(^^)

<コミックシーモア>
ギンモクセイの仕立て屋(上)

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました!


最後まで読んでくださってありがとうございました。
もしよろしければバナーのクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


▼ご意見・ご感想はコチラ
プロフィール
この記事を書いた人
ちぐら

アラサーで夜明けの腐女子です。
別HNでpixiv等に投稿している字書きです。
お問い合わせはコチラ

ちぐらをフォローする
BL漫画感想
スポンサーリンク
ちぐらをフォローする
ちぐらや

コメント

タイトルとURLをコピーしました