スポンサーリンク

【BL漫画感想】25時、赤坂で-夏野寛子

BL漫画感想

25時、赤坂で-夏野寛子

【作品データ】

25時、赤坂で-夏野寛子

CP:羽山麻水(表紙右)×白崎由岐(表紙左)

著者:夏野寛子

発売日:2018年11月

出版社:祥伝社

【あらすじ】

超人気俳優×新人俳優、同性愛ドラマ撮影中の恋。

新人俳優の白崎由岐(26)は、大学の先輩で超人気俳優の羽山麻水(28)と同性愛ドラマで共演することになった。ゲイ役の芝居感が掴めない白崎は、男に抱かれてみようとハッテン場へ。そこでなぜか羽山に捕まり、相手を買って出られる。“芝居のためのセフレ協力”。即物的に始まった関係だったが、精緻な美貌と圧倒的なオーラの羽山に甘く心ごと抱き込まれ、白崎は恋心を自覚した。しかしドラマ撮影は終わりに近づき―――。

https://www.cmoa.jp/title/162253/

【ネタバレなし感想】

「もっと早く買えば良かった!」と思える作品

良い作品だという噂は聞いていたのですが何故かなかなか買わずにいたので、読み終わったあとに「なぜもっと早く読まなかったんだろう~」って後悔しました。とても良かったです。

繊細な絵が魅力的

とにかく絵がすごく繊細できれいだなと思いました。瞳の反射とか、ふとした表情とか、とにかく綺麗でうっとりしてしまいます。少女漫画的な絵柄だな~と思います。

時間を忘れて熱中しました

世界の片隅に、もしかしたら本当にこの人たちがいたんじゃないかって思えるほど物語に没頭してしまいました。登場人物が生きているな~と感じます。言葉遣いが意外と乱暴だったり、欠点があったりして、人間っぽいところが好きです。

読み終わったあと、しみじみと幸せに浸れる作品

始まりは不穏だな~なんて思っていましたが、みんなハッピーエンドで、幸せな気持ちになれました。二人ともお互いのことが大好きすぎるのでにやにやしてしまいます。

【ネタバレあり感想】※未読の方はご注意ください。

すごくきれいな絵柄だったので、登場人物も妖精さんのような感じ(?)なのかなあと思っていたのですが、みんな意外と人間くさくて、どっしりと構えているのがとても良かった。好きです。

まず最初、麻水が由岐を襲ったあと、由岐が麻水に「うるせーヤリチン」と言うところが好きです。かわいいきれいな顔をしているけど、意外と言葉遣いが荒いところが好感持てました。(笑)酒を飲まず、酔った自分を「正体不明になる」と表現してるのもかわいいです。こういう人間くささを見せつけられてしまうと好きになっちゃうんですよね……。

芝居が好きで、どうにかするためいゲイバーに行ってみたり、麻水に最後までお願いしてみたり、どん欲なところもいいなあと思います。(やっていることが危なすぎて心配になりますが……笑)

また、エゴサして落ち込んでいた由岐が、俳優として開花して徐々に売れていく様子は痛快でした。演技で泣いているシーンとか、読んでいる私もはっとするほどきれいでした。そりゃトレンドにもなる。

そして本格的に由岐が売れたあと、麻水に「ずっと好きな人」がいるということが分かって、ドラマの中で「今は応えられない」と言われて。そのあとの由岐の「さっきの芝居 すごく楽しかった」の言葉がめちゃくちゃ良いなあと思いました

そのあとの麻水の「なんだろ 楽しいなと思って」もそうだし、佐久間との飲み会での過去のシーンとかも、二人とも恋愛は恋愛で、芝居は芝居でそれぞれ大好きだし全力なんだな~ということが分かるいいシーンだなって思いました。二人ともかっこいい。

そして「昼のゆめ」クランクアップの後の飲み会の由岐、めちゃくちゃかわいくて好きです。(笑)「正体不明になる」がどういうことか分かって「なるほどな~!」という。謎が解けました。

「しょうもなくても麻水さんじゃん」の台詞もそうですが、二人とも包容力ありますよね。でも、そのあとすぐ帰っちゃう由岐もすぐ追いかける麻水もなんかわちゃわちゃしててかわいい。麻水に「幻滅した?」と聞かれて由岐が「しねーよバカ」と応えるやりとりも尊すぎて爆発してしまいます。

二人とも末永く幸せでいてほしいなあと思える作品でした。

【まとめ】

しみじみと心に沁みる、いい作品だと思います。2巻ももう発売されているということで、拝読するのが楽しみです!

以上、最後まで読んでくださってありがとうございました。

<コミックシーモア>
25時、赤坂で


最後まで読んでくださってありがとうございました。
もしよろしければバナーのクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


▼ご意見・ご感想はコチラ
プロフィール
この記事を書いた人
ちぐら

アラサーで夜明けの腐女子です。
別HNでpixiv等に投稿している字書きです。
お問い合わせはコチラ

ちぐらをフォローする
BL漫画感想
スポンサーリンク
ちぐらをフォローする
ちぐらや

コメント

タイトルとURLをコピーしました